アヴァンギャルド情報局

DJのDJによるDJのためのブログ。たまにトリップ。

フリーパーティーの可能性。Underground Party〝Parallel World〟より

こんにちは!

アヴァンギャルドフクイです。

f:id:avant-gard:20191113214101j:image

この週末、関東圏の某所にて(現場はシークレット)オープンエアーのフリーパーティーに参加してきました。

その名は

〝Parallel World〟です。

f:id:avant-gard:20191113214357j:image

オーガナイザーである友人DJからお声がけをいただき、数年前から参加させていただいているパーティーなんですが、今年ParallelWorld2019は控えめに言ってもかなり文化度の高いイベントに仕上がっておりました。

f:id:avant-gard:20191113214739j:image

これほど文化度の高いイベントを国内で、しかもフリーパーティーというエントランスのないパーティーを成功させていることに感謝と感激そして感無量感が溢れてきました。

f:id:avant-gard:20191114013223j:image

素晴らしい衝撃をもらいましたので、今回はフリーパーティーの可能性について、ひとりのアングラDJとしてアヴァンギャルドフクイ独自の視点から解説していきたいと思います!

 

フリーパーティーの可能性。

 

フリーパーティーとはとても自由度の高い遊び

 

先にご紹介した〝ParallelWorld〟のオーガナイザーはフリーパーティーについて過去にこうツイートしていました。

 

『FREE PARTYの〝FREE〟って〝無料〟って意味ではなくて〝自由〟って意味。〜』

f:id:avant-gard:20191115214616j:image

〝自由〟とは良く言ったもので

私もしょっちゅう会社やめて

〝自由になりたい!〟などとほざいていますが

いくら〝自由〟とは言っても自由だから

〝何をしても問題ない〟〝何をしたっていい〟状態とは全然違うんです。

 

何したっていいって状態というのは〝自由〟ではなく〝混沌〟つまり〝カオス〟です。

 

真の〝自由〟とは〝秩序が保たれた状態〟で、はじめて成立する楽しみだと言えるんじゃないでしょうか。

秩序が少しでも乱れたら自由に遊ぶことはできません。

 

例えば、

パーティーというくくりの中で、悪い例を挙げてしまいますが…

 

参加者のひとりが調子に乗ってテキーラを一気飲みして急性アルコール中毒になり救急車で運ばれる。とか

野外パーティーなので近隣が苦情を挙げて警察が来てパーティー中断。とか

 

ひとつでも秩序が乱れてしまえば自由に遊ぶということを保てなくなってしまうのです。

 

ちなみにですが今回、私はDJ中にCDJの操作を誤り、曲をフリーズさせてしまい思いっきり秩序を乱してしまいました汗汗

あのときフロアーで叫んでくれたダンサーさんへ、この場をかりて感謝の気持ちを。

ありがとう!助かったわ笑

f:id:avant-gard:20191113230230j:image

ブース下で見えない下半身を激写されてしまう私。

すみません少しそれてしまいました…

 

ひとりひとりが自立し考え行動する空間というのは、フランスのフリーパーティー〝TEKNIVAL〟のコンセプト

T・A・Z (The Temporary Autonomous Zone)

そのものでもありますね。

 

TKNIVALのことを書いた記事はこちら↓

 

私の思うに、自由を楽しむこと。って日本人全体としては以外と難しい課題なんじゃないかと思います。

 

なぜってそれは、日本人がアイデンティティを見失いつつあるからです。

何が原因でそうさせているかは今回は深掘りしませんが、今のモノマネ大国日本では自分で考えて行動し経験したことのない多様性を認めることが人として、そして国としてこれから発展する際の鍵なんではなかろうかと推測します。

 

フリーパーティーはそういったふだんの社会生活の中でガチガチに決まりごとで固められてしまっていて、慣れていない〝自由にする。〟とうことの一種の訓練的な要素にもなるのではと思います。

 

 

ダンサーさんがかなりガチ。

なので、DJもガチでないと通じない。

 

フリーパーティーに集い、踊るダンサーさんって、音と闘っている方が本当に多い。

それはもう自由度の高いパーティーで、最前線でガチで踊っていますからね、本気です。

f:id:avant-gard:20191114003906j:image

アヴァンギャルドフクイブースに立つ笑。

 

今回私はYuDAI選手としてDJ参加させていただきましたが、ダンサーさんはかなり本気で音楽を聴いてくれている方ばかりでした。

 

もうね、テキーラ呑んで酔っ払ってノリでウェイウェイ盛り上がってくれるような生半可なものではありませんよ!

いい感じにミックスしてグルーヴがいいと、みなさん本当に楽しそうに踊ってくれました。

 

逆にミックスして曲のキーが噛み合っておらず、グルーヴが保ててない場面なんかはわかりやすく散ってしまわれました涙。

 

でも、やはりやっている方としては音楽ちゃんと聴いてくれてるなぁって感じますし。

これこそ本当にやりがいを感じます。

f:id:avant-gard:20191114005529j:image

ティピのブースの中。

ティピが立っているだけでパーティー感が様になってしまうのは何故だろう。

ドームでは出せない何かが。。

 

 

フリーパーティー〝お客さん〟という定義はない。

f:id:avant-gard:20191114013654j:image

お客さんって言葉。

コレってやっぱりお客だから、お金を払って何かを与えてもらったりサービスなどを提供〝される〟側のヒトを示しますよね。

 

でもフリーパーティーってエントランスがないワケだから与えてもらったり、音楽とか空間含めてお金を支払った対価としてサービスを提供してもらってる、あるいはやっている側も対価を求めて何かを与えているワケではありません。

なのでお客さんというよりかは参加者という言葉が正しい定義です。

 

でも遊びにくればフリーパーティーだからタダで入れて遊びたい放題。

しかしながら、運営サイドはこのイベントを催す際にすべてを無料でできているといったら決してそうではありません。

 

そこで参加者全員が楽しめた、楽しかった感謝の気持をドネーション制(寄付型)という自由に金額を決めて寄付するやり方をしています。

 

寄付をすることで、パーティーに関われた感謝の気持ちを運営側に託すことができるのです。寄付なので金額はお気持ち次第。

2で割れる金額はダメとかはありません笑。

 

こういったやり方は楽曲販売では

〝BandCamp〟がこの様なやり方をとっていますね。

BandCampの記事はこちら↓

 

ちなみに今回のパラレルワールドクラウドファウンディングも使って運営資金を集めたそうです。

f:id:avant-gard:20191114015715j:image

まとめ

 

与える側、受け取る側。搾取する側される側。

提供者、お客様。売る人買う人。

資本主義社会ではどうもこの二元論につきてしまう気もします。

しかしながら、フリーパーティーではこうした二元論の枠組みに囚われず、空間を共有したすべての人が参加者として何かを表現することができる、Give&TakeならぬGive&TAZともいうべき、もうひとつの新たな遊び方を提示していると言えるんじゃないでしょうか。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(^人^)

 

【DJ基礎講座】DJセットをガチで組むと楽だよ。追記テクノDJ出演info

こんにちは! 

アヴァンギャルドフクイです。

久しぶりに私のいちばん大好きなアンダーグラウンドのオープンエアーパーティーでDJさせていただく機会をいただいたのでこちらに宣伝しておきます。

f:id:avant-gard:20191108153214j:image

開催場所はシークレットのため、興味を持たれた方はぜひinfoのGmailへお問合せください。

fREEtEKNOjAPAN: PARALLEL WORLD

私は11/10(日)朝7時から2時間セットやります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

あっ、DJネームはYuDAI選手でやってます。

f:id:avant-gard:20191108153420j:image

さて、今回はDJセットを一度真剣に組んでしまえば行き当たりばったりのDJよりか、安定して現場を盛り上げることが楽にできますよ〜。

 

という内容です。

では、わかりやすくDJセットを組むことのメリットをまとめてみました。

 

DJセットを組むメリットまとめ

 

●現場で安定したプレイができる

セットを組むということは予め曲順をしっかりと熟考することなのでプレイ中雰囲気がガチャガチャせずに一貫したプレイが可能です。

 

●以外に何回か使えます

現場が違えばお客さんも違いますし、本人が飽きない限り何回か使うことも可能です。

 

●アレンジを効かせることも可能

更には組み上げたセットにアレンジを加えて、内容を数曲変えたり、また逆順にかけたりすることもできるので汎用性が高いですね。

コレ、一度セット聴いたことある人がいてもほぼほぼバレることはないかと思いますね。

 

●組んだセットでDJミックスをupできる

MixcloudやSoundCloudにupしてみましょう。

 

●ロングセットも楽々

例えば1hのセットを何個か作り溜めしておげばそのセットを組み合わせることによって2時間以上のロングセットDJも楽々。

組んだセットを交互にかけたりしてセットとセットのB2Bなんて遊びもできますね笑。

USB×CDJがメインストリームの現在では最適なんじゃないでしょうか。

 

いかがでしょうか、一度少し時間を使って予め曲順を並べ替えて保存しておくだけで、これだけ沢山のメリットがあることがお分かりいただけると思います。

 

DJセットをカンタンに組むコツ

 

方法1

とりあえず今いちばんお気に入りのかけたいトラック、曲がある場合はそのトラックをどのタイミングでかけたいかを考えて、そのトラックを置いた点を中心に構成していく。

 

方法2

現場のフロアーの雰囲気をイメージして雰囲気にあう曲を選ぶ(明るいか暗いか、外なのかクラブなのか、真っ暗なのかライティングで色彩豊かなのか、狭い場所か広い場所か?などなど)

やはり明るいフロアーには明るい曲が映えるし暗黒のフロアーにはゴリゴリのダークな曲が合いますね。

 

方法3

色々あってわからないし、イベント、パーティーもオールジャンルだから何をかけても問題ないのでどおしたら?

そういった場合は

先ずは最初の1曲目を選んで決めてしまえば楽です。

1曲目さえ決めてしまえばあとはパズルの要領でそいつに合う曲をひとつひとつ順番に選んでいくだけなんです。

 

曲順の並べ方のコツはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

まとめ

DJセットを組むことの便利さをお伝えしたく記事にしてみましたが、私も20代の頃なんかはセットなんぞ組んでやったことはほとんどありませんでした。レコードをある程度並べておくことはやってましたが、それも自宅での作業に限定されてしまうので一苦労でしたね。

 

現在ではインターネットサイトで曲を購入しダウンロードすることが主流なので、移動中でもスマホアプリを使って曲を聴きながらセットの構成を考えるのがどこでもできる便利な時代なので、ぜひDJをはじめた方は自分らしいセットを組んでみてください。

 

追記

先日、Mixcloudへ新しいミックスをあげました。テクノDJのミックスなんですが、内容はクラブというよりかはOpenAir、野外で流れていても違和感が無いトラックを意識して構成されています。これも昨年のパラレルワールドで組んだセットを何度かアレンジしてこの形に落ち着いた結果です。

よかったらぜひ一度聴いてみてください。

 

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!(^人^)

芸術の教養が必要だよ日本人。-迷宮出たその後-

こんにちは!

アヴァンギャルドフクイです。

 

また久しぶりの更新になってしまいましたが、ゆるりと続けて参りたいと思う所在でございます。読書のみなさま引き続きどうぞ応援宜しくお願いいたします。

f:id:avant-gard:20191022162516j:image

さて!先日オープンエアーパーティー

〝THE LABYRINTH 2019〟

ラビリンス2019に行って来ました。

f:id:avant-gard:20191024165206j:image

テクノ、ミニマルのジャンルでは(ハウスの要素は無い)他の追随を許さない最良と言えるオープンエアーパーティー、または野外パーティーなんです。

未だ知らない方はぜひ〝THE LABYRINTH〟でググってみてください。

 

細かいレポートは割愛しますが、今年も(此方のパーティーさんは毎年悪天候に見舞われてしまうのが定評となっていたりいなかったり…)

期待どおりに台風襲来で土曜公演はキャンセルになったものの。

(日)(月)の2日間は無事に開催され、若干プログラムの変更があったものの、とても素晴らしいパーティーに仕上がっており非常に感動いたしました。

 

ラビリンスはほんとうに毎回パーティー全体、フライヤーや告知の仕方に至るまで全てがアーティスティック、つまり芸術作品のようにつくり込まれていると感じさせてくれます。

 

2019年今年のラビリンスを終えてのメッセージがありましたのでこちらにご紹介します。

www.mindgames.jp


 

 

んで、昨今のパーティーや、〜〜ナーレ的な芸術祭に至るまで色々なモノゴトが政治、経済に傾きすぎて肝心な部分が抜け落ちてませんか?

 

と、思うことあり今回は

 

芸術って教養としても必要だよね。

って内容のおはなし。

 

芸術分野の話題なので先ずは

アヴァンギャルド〟について

 

私のブロガーネームにある

アヴァンギャルド

って言葉についてなんですが…

 

フランス語で元々は「前衛部隊」を指す言葉から来ていて

それが「最先端に立つ人」という意味を持ち、そして芸術の文脈において、

〝革新的な試み〟〝実験的な試み〟を示すようになった。

Wikipediaで解説されています。

 

アヴァンギャルド -avant-garde-

は広い意味では1960年代にフランスで起こった芸術運動のことを指しておりアートの分野では前衛的な表現という意味合いをよく使います。「アバンギャルド」の画像検索結果"

レコード屋さんでみかける

アヴァンギャルド

 

一方で当ブログの主軸であるDJならびにクラブミュージックの分野ではノイズやアンビエント、ドローンなどの要素が入ったような何とも形容しがたい〝実験的なトラック〟のことを

アヴァンギャルドなトラック」

なんて言が言い回します。

 

私がこのアヴァンギャルドという単語を知ったのも渋谷のレコード屋さんで(多分テクニークもしくはディスクユニオン

トラックの解説に

アヴァンギャルドな〜チューン!」

という風なレコードの説明文から知りました。

 

岡本太郎氏とアヴァンギャルド「アバンギャルド 岡本太郎」の画像検索結果"

先日、芸術は爆発だで有名な岡本太郎氏の

〝自分の中に毒を持て〟という本を読みました。

その中で最も衝撃的だったのが…

 

「今この世界で必要なことは芸術、政治、経済の三権分立である。」

そう提言していたことです。

 

私は彼のこの意見には非常に賛成で

ここ最近では音楽を含む芸術と呼ばれているもののすべてが政治や経済に利用されすぎているのではないか?

と色々なシーンをみて感じることが多々あるからです。

 

ま、資本主義経済システム、そう

ようはバビロンシステムの中でのおはなしですからそれもそのはずなんですが……

 

いくつかわかりやすい例を出して解説していきます。

 

芸術が政治、経済に利用されている例をザックリと。

 

例)あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」の画像検索結果"

2019年現在に物議を醸し出していた

愛知トリエンナーレ

問題となっていた内容の詳細についてここでは触れませんが、一連の話題のとおり芸術作品の中に一種の政治的な思想を詰め込んだ展示会という内容でした。

こういった展示品って、ただ芸術の名を語った政治的主張

そう、プロパガンダに他なりません。

 

それが良いとか悪いとかの議論ではなく、私が感じてしまうのはあたかも芸術祭という体で

開催されているけれど実際の内容はというとぜんぜん芸術を感じさせない、ある種の思想の押し売りにすぎません。

これでは一部の同じ思想の方々には賞賛を得られるかもしれませんが、そうじゃない方にとってはとても芸術と言うには程遠い気がします。

 

例)反原発を掲げた音楽集会。

「no nukes」の画像検索結果"

先には芸術祭の例を出しましたが、

DJ業界ならびに音楽業界でも同様な例と言えるものがありました。

 

原発を掲げた音楽集会です。

 3.11〜の原発事故から際立ってそこら中であった反原発のデモ活動。

2019年現在では少しは風化しましたが数年前はDJやパーティー、クラブ業界ではそういった思想がわりかし流行し蔓延していた気もします。

 

実際に私の知人が体験したケースでは、一見普通のDJイベントのようなパーティーフライヤーを見て知らずにイベントに参加したら、実際は反原発の集会だったという悲劇。

これは悪質ですね。

 

そういった思想が裏にあることをフライヤーなどに記載されていない場合もあり、知らずに参加してしまうといったケースもあります。

 

これについても

音楽とか平和とかLove&Peace的なものを掲げ音楽集会の名を語った〝反原発という一種の思想の押売り。

しかも内容を公表していないということについても先のあいちトリエンナーレとやっていることはなんら変わりはありません。

 

DJが流すダンスミュージック、ハウスやテクノ、トランス、EDMに至っても、よほどの歌モノをフィーチャーしてない限りはほぼ歌詞などないので色々な解釈ができる、抽象的な作品です。(ディスコとかは歌詞あるけど、何を歌っているのかは知識のない私はわかりませんが…)

 

ダンスミュージックに政治や経済の思想をのっけるのはナンセンスだと私は思います。

特定の主義や思想に囚われないからこそ、ダンスミュージックはLGBT🏳️‍🌈をはじめとする、多くのマイノリティーの方々から沢山の支持を得られているわけです。

 

本来は自由な〝グルーヴ〟を楽しむはずのものが、ある特定の思想へと誘導するような集まりだとしたらそれば音楽つまり芸術ではありません。

音楽を楽しむにあたって思想は自由であるはず。

この例で言うと、反原発の人と原発賛成の人が同じフロアーで踊っていてもなんの問題もないと私は思います。

 

政治思想を語る音楽とは

 

では逆に政治的思想を押し出した音楽はないのかというと、身近に沢山あって、中でもロックをルーツとした音楽はわかりやすくそれにあたると言えます。

 

かつてのボブマーリー Bob Marleyレイジアゲインストザマシーン Rage Against the Machine などはかなり政治的な思想を歌詞にぶつけていますね。

 

私の知る中で、政治的思想を前面に押し出した顕著なアーティストをご紹介させていただくとインダストリアルメタルバンドである

ミニストリー Ministry〟

ミニストリーは9.11当時、かつてのブッシュ政権や白人至上主義を批判したジャケットでアルバムをリリースしています。

f:id:avant-gard:20191024205301j:image 

ジャケからモロな感じ。

最近のPVではやはりトランプ大統領も批判の的。

流石、自由の国アメリカ!

 

先の反原発の音楽集会や現在のアベ政権を批判してる音楽家などもこれくらいの思想モロ出してやってくれたら逆に清々しいんだけどな。

コソコソやってんじゃないよ。

 

日本で似たようなことをやっていたミュージシャンと言ったら、すぐに思い浮かぶのは…

そう、我らが忌野清志郎さんの

ザ・タイマーズですね笑

f:id:avant-gard:20191028094927j:image

 

芸術という教養が必要な件。

 

ではなぜ芸術は教養として必要なのか?

結論から言うとそれは世の中が楽しくなるからです。

 

芸術の教養つまり文化レベルが低い芸術というのは、重役室の壁に掛かっているつまらない富士山や花の絵のことだと岡本太郎氏は先の著書で語っています。

 

そのような、なんだかよくわからないけど飾られてる作品って街中にもたくさんあるかと思いますが、実際そーゆーのを見て

『なんだこれは?スゲー!』

って思いませんよね。

 

そう、それはDJで流す音楽に例えるならば、

ただのBGMにすぎません。

 

本物の〝芸術〟というのはDJでいうところの

ダンサーさんをガチ踊りさせてしまうグルーヴのことなんじゃないかと私は解釈します。

 

そして、冒頭のラビリンスの話になりますが、私の思うところのラビリンスのようなアーティスティックにきちんと作り込まれているDJパーティーって以外と多くないことを指摘します。

 

ウルトラジャパンに代表されるようなビックパーティーはスポンサーの力でヘッドライナー級のDJ選手を惜しみなく並べています。

ビックネームが並んでるため一見良質なイベントに思えてしまいますが、実際のところ

そーゆーのが文化レベルが高いかと思うと、文化というかむしろ経済的教養の方を感じます。

 

DJを寄せ集めてみた。「dj 多い」の画像検索結果"

巷のDJパーティーでよくありがちなのが

集客のためにとりあえず、ありとあらゆる方面からDJを寄せ集めて、DJ1人当たりのプレイタイムが1時間にも満たないようなパーティー。または、最近のトレンドのアーティストばかりを呼んでみた。というお粗末な内容。

これも〝集客〟という経済的事情を優先した結果、パーティーの方向性がとっちらかってしまういい例だと思います。 

 

まとめ

DJ的解釈で真の芸術をとは?「dj フリー絵」の画像検索結果"

岡村太郎氏の言う〝芸術〟をDJ的に解釈するとしたらそれは

〝本当に素晴らしいトラックを発掘した時の感動〟

のことだと私は思います。

 

平成のち令和になり、

豊かで超便利になったけれど足りていない

〝何か〟

その足りない〝何か〟とは

〝芸術〟即ち〝人間〟のような気がします。

 

世の中が

〝なんだコレは?〟っていうような感動に溢れることを願い。

 

今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^人^)

【DJ基礎講座】Traktor kotrol z1 × iPadでどこでもDJはじめよう2


Native Instruments 2チャンネル式ミキシング・コントローラ TRAKTOR Kontrol Z1 デジタルフェーダー

REYTID USB ネイティブ楽器 Traktor Kontrol Z1、F1、S2、S4 X1, Z1 iPad iPhone iPod - DJ コント ローラー デバイス MIDI キーボード コネクタ音楽用ケーブルの雷アダプター

こんにちは!

アヴァンギャルドフクイです。

 

前回のTraktorDJ2の記事ツイートが本家

Native Instruments Japanさんにリツイートされ、多くの方から反響をいただきました。

f:id:avant-gard:20190911223658j:image

お読みいただき本当にありがとうございます!

 

今回の記事は先の応用編的なかんじでもあるので、これからTraktorDJ2に触れる方へ前回の記事もはっつけておきます。

 

本家にリツイートされ興奮してしまった私アヴァンギャルドフクイ。

前回に引き続き、今回もTraktorDJ2をよりよく活用するDJ術をご紹介していきます!

 

 

TraktorDJ2

アヴァンギャルドな使い方その2

 

●ビートシンクがズレた時修正方法

 

前回の記事でもご紹介しましたが、TraktorDJの

最も便利な機能とは…そう

ビートシンク機能です。

 

このビートシンク、過去のTraktorでは現在ほど精度は高くはなかったですが、このTraktorDJ2に至ってはかなり進化し、精度もけっこう高くなっているかと思います。

 

精度が高くなっているので、ほぼSynkボタンをポチっと押しただけでBPMはガッチリ合いますが、100%の完璧ではないため、楽曲によってはたまーに少々ズレている場合があります。

 

そのときは

ダウンテンポボタンをポチっと。

f:id:avant-gard:20190911141157j:image

もしくはシンクボタンをもう一度ポチポチっと

f:id:avant-gard:20190911141217j:image

すると、ホっ

再びシンクロされます。

 

念のため以下に

本家のNative Instrumentsさんより修正の仕方をこちら貼っておきます。

 

BPMを2/1や2倍にしてミックスする方法

 

TraktorDJはシンク機能によりジャンレス、ボーダーレスなDJmixが可能なことは前回の記事でもご紹介してきました。

しかしながら、BPMがあまりにもかけ離れすぎているトラックをミックスする場合に限っては

単純にシンクボタンをポチっとしてBPMを合わせるだけだと、合わせる方のトラックが早くなりすぎたり、あるいは遅くなりすぎたりしてしまうため、かなり不自然になってしまいます。

 

そんなときはBPMを2/1または2倍にしてミックスをすると不自然な、無理やり合わせている感がなくスムーズです。

 

以下にご紹介します。

f:id:avant-gard:20190911141638j:image

まずはSYNCボタンを切り

いま流れている方の曲のBPM表示を2/1にする。(逆パターンの場合は2倍)

※表示が2/1というだけで実際のトラックの速度は変わりません。

f:id:avant-gard:20190911141814j:image

そしてSYNCボタンをもとどおりきかせて

次にミックスするトラックをセットして…

 

次のトラックのシンクボタンを押す

f:id:avant-gard:20190911141842j:image

すると…写真の例のとおり

BPM120付近のトラックと半分のテンポのBPM60付近のトラックをミックスできました!

 

この例ですとBPM120→60と変化させましたが、改めてBPM120の楽曲へともどしたいときも動作は上記と同様です。

 

ミックスが終わったら…

①SYNCをOFFにして

②表示を×2のBPM120へ(BPM60の場合)

③そして次のトラックを決めて再びSYNCボタンを押す

 

この動作で一旦ダウンテンポの雰囲気をつくったあとに再びもとのダンスミュージックのアグレッシブな空間に戻すことができます。

 

この機能を駆使することによって、HipHopやDubなど比較的BPMが遅い曲とハウスやテクノトランスなどなどのBPM100以上200未満のトラックを自然な状態でミックスすることが可能なんです。

 

注意しておきたいのは、2/1や×2表示でミックスを終えたら、もういちどボタンを押して表示を表示を元のBPMにもどすことをお忘れなく笑。

コレを忘れてシンクをかけたままミックスしてしまうと次のトラックがとんでもなく遅くなったり早いまんまの状態で流れてしまいます

 

●ホットキューを活用しよう

f:id:avant-gard:20190911215752j:image

この機能は1つのトラックの中でCUEポイントを複数決めることができる機能です。

 

上手くやるとサンプリング的なミックスもできそうですが、私の専門はテクノやハウスミュージックなのでそこは割愛させていただきます。

 

じゃ、何に使えるのか?というと…

イントロなどの曲の不要な部分をカットするために使うんです。

 

ハウスやテクノの醍醐味はロングミックス。

常にビートのある部分でミックスをして展開をつくっていきます。

 

ですからビートのないイントロの部分は必要ありません。

また、ハイハットの裏打ちの部分からミックス

して疾走感のある展開をつくったり

はたまた、大きなブレイクの後のビートがのった瞬間からミックスしたい。

 

そういった場合に、このホットキューで予めCUEポイントをいくつかつくっておくと、そのおいしい部分からミックスすることができます。

わかりやすく本家Native Instrumentsの動画を

 

私の場合はハットの裏打ちが始まる部分でCUEを設定していることが多いですね。

 

ミックスしている状態でも、ボタンを押すことで何度でもCUEにもどって流し続けられます。

8個設定できて、一度設定したCUEポイントは消えることなくても保存されているので、気に入った部分でCUEポイントを設定しておくととても便利だと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

以上が私のご紹介するTraktorDJ2の活用術になります。

 

過去にはDJは、ビートミックスの練習が必要だったり、パソコンの設定が必要だったり…

何かと煩わしさや敷居が高かったものをTraktorDJはとても簡単にわかりやすいカタチに仕上げているうれしいアプリケーションです。

 

何度も言いますが、コレ

フリーですからね笑。

 

アレ?またなんかTraktorDJの営業マンみたいな記事になってますが…

f:id:avant-gard:20190911225441j:plain


 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!(^人^)

【DJ基礎講座】Traktor kotrol z1 × iPadでどこでもDJはじめよう


Native Instruments 2チャンネル式ミキシング・コントローラ TRAKTOR Kontrol Z1 デジタルフェーダー

REYTID USB ネイティブ楽器 Traktor Kontrol Z1、F1、S2、S4 X1, Z1 iPad iPhone iPod - DJ コント ローラー デバイス MIDI キーボード コネクタ音楽用ケーブルの雷アダプター

こんにちは!

アバンギャルドフクイです。

f:id:avant-gard:20190808081403j:image

ここ最近、むしょーに自宅でDJミックスを録音したくなり、 どの機材を買い揃えたらベストなのかを考えておりました。

 

アレコレ悩み、出した結論が…

 

Traktor kontrol z1 × iPad(iOS TraktorDJ2)

 

という、DJ初心者向けのセット。

初心者向けとはいっても侮ってはいけません。

このセット、Bluetoothスピーカーなどに繋げて何処でもすぐにDJができてめちゃくちゃシンプルな上、24bit対応と音質も充分。

そして、更に極め付けはコスパもかなり良いという素晴らしいすぎるセットなんです。

 

あまりにも素晴らしすぎたのでひとりでも多くの方にDJをやってもらいたいというという気持ちで今回は私なりにアバンギャルドな使い方をご紹介していきます。

 

ひとまず基本的な説明などは本家

Native instrumentsさんのものを貼っておきます

 

TraktorDJ2はなんとフリーのアプリ!

なのでiPadさえ持っていればすぐにインストールして使えます。

(iOS版なので勿論iPhoneでも使えますが、画面が小さすぎて使いづらそうなのでオススメしません。)

 

別にTraktor kontrol z1がなくても画面のタッチパネルを操作すればDJミックスをすることができますが、それだとリアリティがなくDJやってる感が出てこないのでそこはz1を購入。

 

私はヨドバシカメラで2万円以内で購入しました。

ポイントも貯まります笑

 

ソフトは無料、コントローラーも2万円でお釣りがくるという最強のコスパ

 

安すぎ〜!(IKKO風)

 

そしてTraktorDJの良さはなんと言っても

ビートシンク機能。

アタマ出しやピッチを合わせるといったDJの一番面倒な基礎練習などは一切必要ありません!

 

ビートシンクをポチっと押して

f:id:avant-gard:20190801215848j:image

ポチっと曲を流すだけで…アラ簡単!

もう2曲のビートは完全に一致。

f:id:avant-gard:20190801215902j:image

もうバタバタさせて恥ずかしい思いをすることはございません。

 

何度も言っちゃいますが、iPadさえ持っていればこんなカンタンにDJができちゃうんです!

f:id:avant-gard:20190803122306j:image

いいんです!!誰でもできちゃうんです!

 

とまあ、コレが初心者でも誰でもカンタンにDJができてしまう理由。

ここから先はもう一歩突っ込んだ私ならではのアバンギャルドな使い方をご紹介いたします。

 

TraktorDJ2

アバンギャルドな使いかた

 

●Key Lockボタンは絶対に効かせない

f:id:avant-gard:20190801230002j:image

このボタン、パイオニアCDJのマスターテンポと同様のピッチを変えてもキーは原曲のまんまっていう機能。

早めたり遅めたりしても曲の雰囲気を変えないってゆう一見優れた機能なんですが、そこが落とし穴。

この機能を使ってしまうとムリにキーを合わせているせいか低音の一番美味しい部分の低域が聴こえてこなくなってしまうのです。

 

お手元に機材のある方は試しにスピーカーにつないでまずはKeyLockを効かせた状態でBPMを大幅に上げるか下げるかして曲を再生。

その後KeyLockを解除してみてください。

低音の広がりがまるで違うことがお分かりいただけるかと思います。

 

ダンスミュージックって、単調な単一コードの音楽。

単調だからこそ音質が命!

音質が良くなければ全くもってオハナシになりませんし、人を感動させることは到底できません。

f:id:avant-gard:20190804074553p:image

いいんです!多少早めたり遅めたりしたからってキーが高くなろうが低くなろうが。

 

それよりもダンスはベースとキックの低音のアタック感が大事。

音質重視で思い切ってこのボタンはKILL!

 

DJは重低音を重視。

 

 

●全くBPMのかけ離れた異なるジャンルのロングミックスが可能に。

 

コレはTraktorDJの最大の魅力のひとつ。

レコードDJとかだとピッチコントロールの幅が狭く限りがあるため、あまりにもかけ離れ過ぎたBPMの曲と曲どおしを完全にビートミックスすることは不可能。

逆にTraktorDJの場合は±70%とけっこう大幅にピッチを変化させることができます。

f:id:avant-gard:20190803005537j:image

例えばこちらの2曲のように↑

BPM60代の曲とBPM110近い曲というものすごくBPMのかけ離れた曲どおしを違和感なくロングミックスすることが可能です。

f:id:avant-gard:20190803005722j:image

これによりBPMのまったく異なる沢山のジャンルを縦横無尽に渡り歩くことができるのです。

 

●ミックスした状態で2曲同時にBPMを操る。

 

 

またシンクをかけたままでミックスした状態でピッチを上げ下げできるのでミックスをしながら徐々にBPMを下げていったり上げて行ったり

といったミックスをすることもできます。

f:id:avant-gard:20190803123155j:imagef:id:avant-gard:20190803123217j:image

これによって2曲ミックスしている状態でBPMを変化させるというトリッキーなミックスができるんです。

ミックスしながらも徐々にビートをあげていったり、はたまた急激に下げたりと自由自在でおもしろい笑。

 

 

まとめ

 

以上が私のご紹介するTraktor kontrol × TraktorDJ2 のアバンギャルドな使いかたになります。

TraktorDJはとてもシンプルでわかりやすいソフトなので練習することなく曲さえ用意すれば誰でもDJができます。

 

だからこそセンスが大切。

 

飛行機で色々な国に旅することができるように、音楽ジャンルを気にすることなくDJトリップをすることが可能なので、ぜひ独自のセンスと知恵であなたにしかできないDJミックスをやってみてください。

 

なんだかTraktorDJの営業マンみたいな記事になっちゃいましたが笑‥

f:id:avant-gard:20190804171337j:image

最後に今回このTraktorDJ2とTraktor kontrol z1を使用して録音したミックスを参考まで貼っておきます。ぜひ聴いてみてください笑

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(^人^)


Native Instruments 2チャンネル式ミキシング・コントローラ TRAKTOR Kontrol Z1 デジタルフェーダー

筋トレDJのススメ

こんにちは〜!

アバンギャルドフクイです。

 

近頃筋トレが流行っていると思いませんか?

私の周辺の友人、知人もプロテインをのんで身体づくりしている方がちらほらと。

f:id:avant-gard:20190725110519j:image
ツイッターでみかける成功者とみられる方々なんかもこぞって筋トレに励んでいる姿が目立ちます。

 

かくゆう私もジムに通うほどではないですが、筋トレ動画などをみつつ励んでおります。

 

NHKでも筋トレ体操の番組を放送したりと


いまや空前の筋トレブームの中、DJをするにしたって人前で自分をさらけ出す以上、筋トレは必要不可欠だと言える状況なんじゃないでしょうか?

 

オタク気質なDJにも筋肉が必要

 

ひと昔前は筋トレなど今ほど騒がれてなかったですね。

なので、トランスやテクノのDJなんかはドラッグくって音楽に没頭してるせいか(私の勝手なイメージでスミマセン)はたまたオタク気質のせいか、体型は痩せ型が多い印象でした。

f:id:avant-gard:20190725092428j:image

若かりし頃イケイケだったDJたちも歳をとり中年になるにつれ体型を気にせず放っておけば、痩せてる上に下っ腹だけ出るといういわゆる中年太りの体型に。

f:id:avant-gard:20190725110733j:image

4つうちDJと変わって逆にHipHopのDJやラッパーなんかは今も昔も変わらずにガタイが良い方が多い気がします。

言わずと知れた大昔のヒット曲。

PVでも筋トレをしている。

 

今回はこうしたストイックなHipHopのアーティストたちを見習い、DJも筋トレしたほうがメリットが大きいことについてご紹介していきます。

 

DJも筋トレの時代。

筋トレDJのメリット

 

❶ブースに立ったときの説得力が大きい

 

f:id:avant-gard:20190724112532j:image

私はテクノのDJなんで、テクノDJと筋肉で私が真っ先に思い浮かべるのがこのDJ、Ben Klock氏。

見てくだいこの太い腕。

こんな図太い腕で繊細なミキサーさばきを見せられた日には極太テクノもかなりの説得力。

極太テクノを受け付けない方も参ったと踊るしかありません。

この筋肉×極太テクノという説得力に、あのニーナクラビッツもイチコロ。

f:id:avant-gard:20190725111406j:image

かなりストイックに筋トレしている成果ですね。

お二人の現在の関係はというと…

知らんがな笑

 

アー写がなんか強そう

f:id:avant-gard:20190725111817j:image

こちらは重圧暗黒テクノキングのクリスリービングさん。

胸筋と肩から腕にかけての筋肉がハンパないですね。

そーとー鍛え上げているのが分かります。

これだけ鍛え上げられていれば入れているタトゥーも見栄えますね。

このアー写(アーティスト写真、宣材写真のこと)を見るだけでもなんか強そうだし、DJという仕事をしっかりやってくれそうです。

 

これが仮に逆にに細々してたらどうでしょう?

↓こんなん

f:id:avant-gard:20190725092541j:image

タトゥーもなんかチンピラ輩感がでちゃうし、これまた説得力に欠けてしまいます。

 

そしてDJは深夜の長時間労働、世界で通用するDJとしてはこれくらいの筋肉がないと体力がもちません。

筋肉を鍛えて深夜のDJも乗り越えよう!

 

❸筋肉は強さ、強さは優しさ、すべてを包み込む包容力に繋がる

f:id:avant-gard:20190725091621j:image

ミニマルテクノの父、ロバートフッド氏

これだけ鍛え上げているとスキンヘッドも違和感なくカッコイイ。

 

DJたるもの大勢のお客さんを楽しませる包容力が大事。

包容力とは優しさ、優しさとは強さですね。

そう強さとは優しさに繋がるのです。

こちらのロバートフッド氏はふだんから日常的に筋トレをしているせいでしょうか、優しさに満ち溢れついには娘をステージにたたせてしまいオーディエンスを沸かすという、なんとも計り知れない家族愛と音楽への愛情。

f:id:avant-gard:20190725091901j:image

心配そうに我が娘のミックスを横で見守る父。

中年のせいか、ややお腹は出てしまっていますが、全体的にはかなり鍛え上げているのが分かります。

筋トレとは愛情。

 

❹セレブの女性にモテる

f:id:avant-gard:20190725112849j:imagef:id:avant-gard:20190725112836j:imagef:id:avant-gard:20190725113158j:image

 

言わずと知れたグローバルDJのカールコックス氏。

そーとーな負荷をかけて筋トレをしてプロテインを飲み身体を大きくしているのが見てとれます。

ここまでくると最早プロレスラー顔負けの大きいカラダ。

DJ中は終始ニコやかな彼も裏ではかなりストイックに鍛え上げているに違いありません。

写真のようなセレブの若い女性も放っておけませんね。

なんでもカールコックス氏はグローバルDJでありながら不動産王なんだとか。

やはりビジネスができる男に筋肉は必要不可欠というのが彼を見てよくわかります。

セレブの女性が寄ってくる理由も、彼の表には決して出さない血も滲むような隠れた努力の成果であるということを忘れてはいけません。

 

DJがカッコイイのはもちろんのこと、フィジカル面も鍛えてこその一流アーティスト 。

 

まとめ

f:id:avant-gard:20190726160143j:image

いかがでしたでしょうか?

DJは音楽センスは勿論のこと、筋トレをしてフィジカル面も鍛えたほうがメリットが沢山あるのことがお分かりいただけたかと思います。

今回は男性のアーティストを例としましたが、やはり女性DJも美しく淡麗であるためにはぜひ筋トレをオススメします。

 

まだ筋トレをしていないDJの皆さんはぜひ筋トレを試してみてはいかがでしょうか?

以外と意識もサッパリしますよ笑。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(^人^)

 

 

 

大人の音楽遊びのススメ。クラブ編

こんにちは!

アラフォーリーマンテクノDJブロガー(初級)の

アバンギャルドフクイです。

f:id:avant-gard:20190715163623j:image

音楽好きなみなさん、最近音楽遊びはしていますか?

私はこの記事を書いている現在は35歳で昭和生まれのアラフォー世代。

周辺を見渡せば勢力的に最前線で音楽活動をしているDJやパーティークルーを除けば年々クラブ遊びをする絶対数は減っていっています。

 

少子高齢化が進む日本。

それは当然といえば当然。

以前こちらの記事でも書いておりますが

年齢を重ねると夜通しオールで遊ぶのもシンドくなりますし、10代後半〜20代中盤くらいまでの感覚じゃついていけませんよね。

 

アラサー、アラフォーさしかかると家庭を持ったり子供ができたりとか

なにかと世間一般の〝常識〟とやらに囚われてしまいがちです。

f:id:avant-gard:20190715162610j:image

『昔はクラブ遊びとかレイヴけっこう行ってたけど、今はもうメッキリ。』

『日頃の生活に追われて遊んでる場合じゃない。』

『奥さん子供もいるからそんなハッチャケたこと今更できないよ。』

なんて見えない声も聞こえてくるような気もします。

 

そんななかでも、こんなツイートを発見したので思わずイイネしちゃいました。

f:id:avant-gard:20190715104139j:image

イギリスでは45歳以上人々の多くが週に一度はクラブに行っていることが明らかに。

ちなみに元ネタ↑

 

おぉ〜流石レイヴ大国イギリスといった感じ。

まぁ向こうは日本みたいにカラオケ文化がないとは言え、ガチでリアルだとすると45歳以上が週一つまりは毎週末ペースでどっかのクラブに遊びに行っているってことですよね。

 

毎週どっかのクラブへ踊りに繰り出す、50近くのオッサン、オバハン。

 

若すぎ〜(IKKO風)!

 

フム、我々日本人の感覚からすると到底考えられないですよね。

 

ですが、大人として仕事をして社会貢献しながも自分の好きなことは続けていく、子供ができて家庭をもっても変わらずに。

 

いつまでも気持ちを若々しく保つ秘訣にはそういった『もういい歳なんだから。』という守りの姿勢ではなく仕事や家庭を保ちながらも大好きなことをなんとか続けていく〝攻めの姿勢〟がとても重要です。

 

そこで!

 

今回は10代後半から35歳現在まで15年以上様々なカタチでダンスミュージックと関わってきた私、アバンギャルドフクイがご紹介する

オッサン、オバハンでも楽しめるダンスミュージックの楽しみ方をご紹介します。

 

大人の音楽遊びのススメ

❶クラブ編 

f:id:avant-gard:20190715163202j:image

クラブは目星のつけたアーティストだけをサックリ観に行くのがいい。

 

クラブって聴くと若者パリピテキーラショット、ナンパ、朝までオールなどといった、年寄りにはネガティブなイメージがつきまといます。

 

勿論コレはクラブのスタイルのうちのひとつ。

六本木などにあるような兎に角酔っ払いや外人ばかりで、音楽など誰も聴いていないような、いわゆるチャラ箱なんて言われているようなところはこんなイメージどおりだとは思いますが…

 

全てがそうではなく、きちんと音楽を聴くために設計されているクラブも沢山あります。

クラブを経営されている方もイベントのオーガナイザーも音楽に興味がない。

なんてことはないと思います。

 

クラブって何しに行くところ?って

もう一度考えてみてください。

そう紐解いてみると、クラブは音楽を大音量で聴いて楽しみに行くところです。

f:id:avant-gard:20190715163328p:image

人が集まる社交場ですから当然出会いもあるかもしれません。ナンパしたりされに行ったり、お持ち帰りしたりされたり…といったそーゆー出会いの場でもあるのでしょうが

それは本題とはかけ離れた邪な見解です。

 

好きなDJの音楽を生で聴けて爆音で楽しめたらそれだけで十分だと私は思います。

それ以外はただのオマケ。

そこで大人の楽しみ方としては周りにある余計な部分は全てカットして、肝心の部分だけを存分に楽しむ。

 

そんな大人としてのクラブ遊び

 

じゃ具体的には何か

それは

 

目星のつけたアーティストのみ観てさっさと帰る。

です。

 

この遊び方、まず観たいと思うようなアーティストがいるのが大前提となります。

 

ですが、別に友人に誘われたから。でも構いませんピンポイントで観てすぐ帰るというところがミソなんです。

 

そのために、イベントに出演するお目当のアーティストの出演時間をSNSやクラブイベントサイトなどを使って事前に調べておいてアーティスト出演時間のちょい前くらいにクラブに入ります。

 

自宅でchill out、または万全の戦闘態勢の準備をしてから自宅をでるのもまた良し!

最近の渋谷なんかは特に物騒ですし笑。

f:id:avant-gard:20190715163659j:image

そして、お目当のDJが知り合いだったら尚更いいですね。

予め遊びに行くことを伝え、ゲストリストに入れておいてもらったりなんかもできます。

 

入って間もなくしてそのアーティストが始まったら100%存分に楽しみます。

 

そしてそのアーティストのセットが終わり、多少余韻に浸りつつクラブを後にします。

 

以上!

 

この楽しみ方だとクラブに入ってから出てくるまでおおよその時間は2〜3時間程度。

まるで深夜のレイトショーを観に行くような感覚でいいんです。

f:id:avant-gard:20190715163917j:image

大人は夜通し朝方までなどズルズルいない。

観たいアーティストDJだけサッとみてサッと帰る。

コレがスマートだし、次の日の予定に支障をきたさない遊び方のコツだと思います。

 

この遊び方なら例えクラブに遊びに行ってくるといった家庭にとってはややハードルが高めの遊びでも、音楽を聴きに行くのだから仕方ないと、家族は多少は納得して送り出してもらえるんじゃないかと勝手に思っています。

f:id:avant-gard:20190715163725j:image

ただしこの遊び方、都心にに住んでいる方なら終電後遊びに行って帰ってくるのもタクシーで済ませられそうですが、郊外に住んでいる方は車移動が必要ですよね。

その場合はアルコールが飲めないので、レッドブルやモンスター系のエナジードリンクで覚醒しましょう笑。

それか自宅で十分chillして向かうとかね笑。

f:id:avant-gard:20190715163947j:image

まとめ

 

いかがでしたか?

以上が私のススメる大人のクラブ遊びです。

今回ご紹介したこのクラブ遊び、実は私の友人知人である先輩アーティスト、DJの方々がこういった遊び方をしておられて、とてもスマートで魅力的な遊び方だと思い記事にしてみました。

今回はクラブ編でしたが、レイヴやフェスなどの野外編も記事にしてみたいなぁと考えています。

同じクラブ遊びと言えども捉え方で多様な楽しみ方ができますね。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(^人^)

【DJ基礎講座】soundcloudとmixcloudのDJ的活用術

こんにちは〜!

アバンギャルドフクイです。

f:id:avant-gard:20190707144411j:image

みなさんはsoundcloudoとかmixcloudって使っていますか?

 

soundcloudとmixcloudってなんだか名前も似てるし、どーせアレでしょ?

タダで音楽が聴けるヤツでしょ。

って思いませんか?

 

そうです、それでだいたいあっています。

但し普通に音楽を聴くだけの人にとってはね。 

 

soundcloudとmixcloudはDJの視点からすると今の時代必須のアイテムと言い切れるくらいかなり使えます。

 

今回はsoundcloud、mixcloud両者のDJ的活用方法についてご紹介していきたいと思います!

 

SoundCloudサウンドをMixcloudはミックスを

聴くためにある。

 

結論から言うと少し阿保くさいかもですが、その名のとおりに活用するのが一番。

 

ではDJ目線で詳しく解説していきましょう。

 

SoundCloudのDJ的活用術

f:id:avant-gard:20190708211936j:image

SoundCloudは曲やアーティスト、またレーベルの発掘や新譜の試聴に最適です。

例えるならば、レコードショップに行くようなイメージでDigする目的で使えます。

↑このように最後まで聴けるトラックもあれば、途中まで試聴というトラックもあります。

気にいった曲は♡のイイネをつけておきましょう。

♡のイイネをつけた曲たちは〝Liked tracks〟の中に時系列で並んで聴けるので作業用BGM的に聞き流すことも可能です。

f:id:avant-gard:20190708222341j:image

リリースが90年代といった、かなり昔の曲も誰かしらがアップしている場合もあるので目星のついたトラックは何度でも聴き放題。

移動中に聴き込んだり、DJセットを組み上げることなんかにもサウンドクラウドのアプリは便利です。

 

トラックの購入先はアーティストのプロフィールへ

 

SoundCloud内では楽曲の購入はできないので、DJ用に楽曲を購入しダウンロードする場合はbeatportやbandcampその他のオンラインショップでダウンロードしましょう。

⬇︎アーティストのプロフィールや購入先リンク

f:id:avant-gard:20190708222407p:image

soundcloudのPCサイトからだと購入先リンクが貼ってる場合が多いのでそこから購入先サイトへと飛べます。アプリだとないです。

 

また、↑のように中にはフリーでダウンロードできる楽曲もアップされているので気に入った曲があればダウンロード可能です。

 

またリリースが90年代といった、かなり昔の曲も誰かしらがアップしている場合もあるので目星のついたトラックは何度でも聴き放題。

移動中に聴き込み、楽曲を理解するのに最適です。

 

コレ全部フリーですからね〜

ありがたすぎですよね〜。

 

勿論DJで使用する場合はきちんとWAVやAIFFなどでオンラインショップから購入しましょう。それが作曲家やリリースしているレーベルへのリスペクトだと私は思います。

 

しかしながら、裏ワザでsoundcloudの楽曲をフリーでダウンロードできるサイトも沢山あるのですが、ココではそれには触れないでおきます。

 

私はDJのみでトラックメイキングはしておりませんが、されている方は迷わずsoundcloudへとアップすることをおすすめします。

 

リリース予定のトラックについては先程のように、試聴用程度に短く編集するのが良いかと思われます。

↓こんなかんじの短め。試聴用

以上の理由からも曲を掘り当てるならYouTubeなど使うよりかは私はsoundcloudを推します!

 

では一方でmixcloudはどおでしょうか?

f:id:avant-gard:20190706115704j:image

 

MixcloudのDJ的活用術

f:id:avant-gard:20190708215452j:image

Mixcloudはその名のとおり、DJMixをアップし聴くためのアプリです。

Mixcloudではトラックごとに楽曲単位で聴くことはまずありません。

Mixcloudは好きなアーティストの現場mixを確認する目的や移動中や作業用BGMとしてはうってつけです。

日本人のアーティストなんかもちらほらと。

アーティスト縛りのミックスなんかもけっこうあって聴けます。

🔍マークの検索で探してみると目星のアーティストのミックスが出てくるかもしれません。

f:id:avant-gard:20190708222544j:image

↑このようにカテゴリ分けもされておりジャンル横断して様々なDJのMixが聴けます。

 

国内外問わず目星のついたアーティストのミックスが気に入ったらそのDJにメッセージを送ったりもできるので(コレはPCサイトのみかも)

自身でパーティーをする際にゲスト出演をお願いする。なんてこともできますね〜笑

 

またMixcloudではDJMixを単に聴くだけではなく誰かをフォローすると、フォローした人の聴いている曲が時系列で閲覧できるといった少々SNS的な役割も果たしています。

f:id:avant-gard:20190708223404j:image

MixcloudはDJの名刺代わりに

 

自身のミックスをアップしてブログやSNSを使って拡散することで、多くの人に知ってもらうというDJの名刺代わりに使うこともできますね。

f:id:avant-gard:20190708223518j:image

手前味噌で恐縮ですが…私のページを参考迄

プロフィールも見やすくプロモーションに最適

 

また2018年12月〜mixcloudはSELECTというDJMixを収益化できるサービスがはじまりました!パチパチパチパチ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

f:id:avant-gard:20190708223623j:image

私は未だこの〝SELECT〟使っておりませんですが、私のようにDJしかしていないアーティストにとってもDJMixを収益化できるってとても革新的なサービスと言えると思います。

 

ぜひ機会で試してみたいと思っていますので、もし何か役立つ情報がみつかりましたら、このMixcloudの〝SELECT〟について記事にしてみます。

 

まとめ

 

ザックリとでしたが、以上が私のSoundCloudとMixcloudのDJ的活用術になります。

ここまでDJ活用うんぬんと色々と説明してきましたが…まあね細かいことは抜きにして

SoundCloud、Mixcloudって共にフリーのアプリです。

タダで良質な曲やミックスが聴き放題なんですよね〜笑。

コレってもうDJやってる、やってない抜きにしても世界中のDJたちの音源が手元で聴き放題!

ってホント素晴らしいことだと思います。

 

そしてスマホのギガ数(データ容量)が昔よりどんどんどんどん上がってますよね笑。

 

ちょっと前ならwifiを繋いでいないとこの手のストリーミグサービスってギガ数を気にしながら使っていたかと思いますが、今はそんなことありません。

更に今後時代は5Gになっていまよりもっともっと早く情報が届く便利な時代がやってくるかもしれません。

全世界中のDJたちの表現に秒速でアクセスして手元のスマホで聴ける素晴らしい時代に我々は生きてます。

この素晴らしい時代にDJとしての表現する空間としてSoundCloud, Mixcloud共に活用しない理由などあるワケないのでは?と私は思います。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!(^人^)