今ココ、アバンギャルドな日々、日常現場最前線

今ココ、気になる文化、分野について書き留めております。

【タイ南部】レゲエバー紹介 プーケット(パトンビーチ)、ピピ島、クラビ、ジャーラスタファーライに出逢う方法。

こんにちは〜!

アバンギャルドフクイです!


先日、旅行でタイ南部はプーケットピピ島、クラビへと1週間程巡って参りました。

f:id:avant-gard:20190103195623j:plain


私はビールが大好きというのもあり、音楽が流れるBarスタイルのお店にいくつか立ち寄ってきました。

その中でも、一際親切にしていただいたオススメのレゲエバー、ビーチバーがとても良い思い出となっております。

そこには雰囲気共々、間違いなくジャーラスタファーライが降臨しておりました笑。


レゲエやクラブミュージック好きの方がこれからプーケットピピ島、クラビに旅行される際の参考になれば嬉しく、今回ご紹介させていただきます!


一応。。

※勿論ですが海外旅行での行動ひとつひとつは自己責任。あまりハメを外しすぎて危険な目に遭わないようご安全を心がけてください笑。



プーケット(パトンビーチ)


ROCK STEADY BAR

f:id:avant-gard:20190103200112j:plain

パトンビーチに降り立った初日、夕方に突然のスコールが降り小走りで辿り着いたパトンのレゲエバー。

店員さんのひとりは日本に滞在したご経験もあるらしく、日本語も少し話してくれたりして本当に親切極まりなかったです。

f:id:avant-gard:20190103201129j:plain

またお店に入ったのが、夕方から夜の早い時間帯でお店はさほど混雑していなかったためか、店内での喫煙もOKでした笑。

マスターに拵えていただきました。

f:id:avant-gard:20190103201438j:plain

そしてジャーラスタファーライ降臨。

シンハー片手にほろ酔いながら、とても和やかな雰囲気の中でゆっくりゆったりとさせていただきました。

f:id:avant-gard:20190103201712j:plain


ピピ島(ピピドン島)


Stones Bar

f:id:avant-gard:20190103202447j:plain


プーケットからピピ島(ピピドン島)へと渡り、予約していたホテル(イビザ ハウス ピピ)へチェックインを済ませると、いざビーチへと散策。

泊まったホテルは船着場があるトンサイ湾とは反対側のビーチだったのですが、ビーチ沿いにはBarがいくつかあって、夜にはサウンドシステムをガンガン鳴らすクラブパーティーで賑わっておりました。

f:id:avant-gard:20190103202830j:plain


(パンガンのフルムーンパーティーをやや彷彿させる感じ、オールナイトではなく朝方前までにはおひらきスタイル。

ちなみに音楽スタイルはというと、数件あるハコすべてがEDMでした。。)


そんな中でも宿泊したイビザハウスから一番近く、一際良さげな音響と雰囲気を醸し出していたのが…


〝Stones Bar〟


もう名前から言って

テッパンでしょ笑


と思って仕切っている店員さんに一声かけたら…


笑顔www

通じ合えた感じでした笑。


ついでに今夜、DJ飛び入り参戦できないのかと聞いてみたんですが、

流石に今日の今夜はフルだと。。

1週間くらい滞在してたら1回くらい回すチャンスあったかなぁ笑。

ちなみにDJも半分くらいは白人の観光客でしたよ〜


Stones Barはピピ島のビーチBarの中で一番奥にあり、音響も引き締まった感じ。

いくつかあるビーチBarクラブの中でも個人的には一番のお気に入りのお店でしたね。

これからピピドン島に行かれるDJの方にはぜひ音源を持って行ってチャンスがあればスピンしていただきたいものですね!

見たところほぼ全てのお店はPioneerCDJ2000を入れていたのでUSB可能です。

長めに滞在したらチャンスはあると思いますよ〜笑。


③ライレイビーチ (クラビ・プラナン)


BAMBOO BAR

f:id:avant-gard:20190103204543j:plain


ピピ島を離れてクラビへと渡り、クラビはアオナンのホテルに滞在しました。


アオナンはわりと賑やかな街ですが、クラビのアオナンからボートで5分ぐらいのところにあるライレイビーチ(クラビ・プラナン)が気になっていたので、ホテルに到着した後すぐにタクシーボートでライレイビーチへと向かいました。

(ネットの情報で下調べをしていたのですが、ピピ島よりも素朴で離島気分が

味わえるのだとか。)

ライレイビーチに到着し、ひとまず歩いて散策。

ビーチはイーストとウエストがあり、ライレイウエストビーチは白砂のビーチ。反対のライレイイーストビーチはマングローブが茂る遠浅のビーチ。


ビーチからメインの通り

f:id:avant-gard:20190103203424j:plain

そして反対側のビーチへと歩いてみると噂どおりの、というか期待値以上の雰囲気とロケーションに感動してしまいました。

f:id:avant-gard:20190103203702j:plain

滞在するホテルもアオナンではなくこちらのライレイビーチにすればよかったと思ってしまったほど。

クラビの象徴、石灰岩の岩山のロケーションがとても良い感じ。

メインのストリートも、こじんまりとしながらも一軒一軒がとてもお洒落なんです。

東京都で例えるなら下北沢的な裏路地感かなぁ。


一通り散策しながらもメインの通りの中に一際目立つラスタカラーのお店が。

カウンターの奥にはボブマーリーの写真の旗。。

そう、そこは私のお目当てだったレゲエバーでした!


BAMBOO BAR


渡航前にネットで下調べをした際に、一際chill outな雰囲気を醸し出しており、ココは絶対行こうと決めておりました。


看板のメニューを眺めているとマスターに呼ばれたのでカウンターに座ると、即座にラスタの神君臨。

そのままBeerを頼んでチルしたく、ここで喫煙OKか確認したところOkey^^

f:id:avant-gard:20190103204829j:plain

マスターが拵えてくれたものに感謝をしつつジャーラスタファーライ降臨。

神の恵みも残り僅かと自慢気に話してくれました。


すっかりchill outしたので、ビーチにもどり夕日をゆっくりと眺めてきました。

f:id:avant-gard:20190105163347j:plain

ライレイビーチのメイン通りにはご紹介したBAMBOO BAR以外にもいくつかレゲエバーが並んでおりましたので、他のレゲエバーも同様に期待できるかと思います。ぜひ一度ラスタの神を目の当たりにしていただけたら良いかと思っております笑。


まとめ


以上が今回タイ南部の旅行でお世話になったレゲエバー、ビーチバーになります。

これからタイ南部のプーケット、パトンビーチ、ピピ島、クラビ、アオナンビーチ、ライレイビーチ等へ行かれる方はぜひお気に入りのレゲエバーやビーチバーを見つけてみてはいかがでしょうか笑?

(^ω^)


最後までお読みいただきありがとうございました!