アヴァンギャルド情報局

DJのDJによるDJのためのブログ。たまにトリップ。

【DJ基礎講座】 テクノの種類 -初期〜ドテクノ編-


Pioneer パイオニア / CDJ-2000NXS2 × DJM-900NXS2 コンプリート DJセット

こんにちは!

テクノという音楽にどっぷし浸かり続けております、アバンギャルドフクイです。

 

〝テクノ〟とは一口で言ってみてもそのスタイルは多種多様なんです。

ブログだとYouTube動画を貼れるので

これからテクノDJをやってみようかなぁ

なんて思っている方などに向けて文章のみの本なんかよりも分かりやすく説明がつくのではと思って記事にしてみました。

 

今回は現在ある〝テクノ〟を語る上で必要不可欠な要素であるジャンルを中心にご紹介していきます。

 

Detroit techno デトロイトテクノ

 

 

デトロイトテクノとは、アメリカのミシガン州デトロイトから発信されるテクノまたはデトロイト出身のアーティストに共通してみられる特徴を多く含んだテクノの楽曲です。

主に「16ビートのシーケンス」

「アナログシンセサイザーとドラムマシン、及びそれらのサウンドをエミュレートしたデジタル・シンセサイザーの多用」

「ストリングス・パッド系音色の多用」

「ノンヴォーカル」

が主な特徴です。

 

派生元のシカゴ・ハウスと比較して、シリアスな雰囲気で複雑に入り組んだリズムパターンを持つ楽曲が多いです。

 


ホアン・アトキンスデリック・メイ、ケビン・サンダーソンら、1980年代中期にデトロイトにて活動していたDJ、プロデューサーたちが開祖と言われています。

元祖テクノともいうべきですかね。

初代ガンダム的な…

 


Minimal techno ミニマルテクノ

 

ミニマルテクノは、テクノミュージックのミニマルなサブジャンルです。

それは、繰り返しの使用と控えめな開発を利用した、切り捨てられた美学によって特徴付けられます。 

ミニマルテクノは、もともとデトロイトのプロデューサーRobert HoodDaniel Bellによって

1990年代初頭に開発されたと考えられています。 

Robert Hood

Daniel Bell

 

2000年代初頭の頃からは、「ミニマル」という用語は、一般にはとりわけ

KompaktPerlon、およびRichie HawtinM-nusなどのレーベルによってドイツで普及したテクノのスタイルを表していました。

 

 

 

 

Hard minimal ハードミニマル

 

1992年、いわゆるヨーロッパのレイヴ後に登場しテクノの特徴をさらに推し進めたものとしてハードミニマルがあります。

 

その代表的なアーティストとして

ジェフ・ミルズの名が挙げられます。

 

ミルズもまた他のデトロイトのアーティストと同じくヨーロッパにDJのため回っていた一人であり、ハードテクノでヨーロッパに影響を与えていたURの元一員でした。

 

「それまでほとんどミニマルと呼ばれる音楽は聴いたことがなかった」

と語る彼は、DJプレイを続けているうちにこのスタイルにたどり着いたという。

 

 

極端に音数を減らした自身の曲を多用しながら、ほとんど暴力的にも聴こえる4つ打ちやパーカッションのみで構成されたレコードを次々と切り替えてDJを行うスタイルは大きなインパクトを与え、その楽曲は多くの追従者を生み出しました。

 

その後もこういったダンス・ミュージックがかけられる場の人々の欲するまま、テクノにラテンの雰囲気が取り入れられたり、また楽曲のPC作成が進み、より複雑な音のサンプリングの切り貼りが強調され、さらにはミニマルが洗練されてハウス・ミュージックに近づくなど、テクノはさまざまな要素を取り込みながら試行錯誤を繰り返しつつ現在へと至るのであります。

 

ジェフミルズのほかにハードミニマル黎明期の90年代より活躍しているアーティストの作品をこちらにご紹介しておきます。

今現在のテクノシーンの重鎮とも言えるアーティスト達ですね。

 

Dave Clarke

Daniel Bell(DBX)

The Advent

Surgeon

slam

Planetary Assault Systems(Luke Slater)

 

日本人でハードミニマルといって私が先ず思い浮かべるのは…やはりこの方

日本が誇るハードミニマルの帝王

Takaaki Itoh

 


Industrial techno インダストリアルテクノ


インダストリアルテクノは、1990年代に始まったテクノとインダストリアルダンスミュージックのサブジャンルです。

 

特徴的に、それは初期のインダストリアル音楽行為、特にCabaret VoltaireThrobbing Gristleの荒々しい、騒々しい音と美学の影響を組み込んでいます。

アメリカのインダストリアルミュージックレーベルWax Trax!

もジャンルの発展にも大きな影響を与えました。

 

80年代以降ボディー、インダストリアルと言われていたロック系ジャンルとダンスミュージックであるテクノが融合した感じですね。

 

このジャンルは2010年代に再び流行が復活し、AdamXAncient Methods、そして後にBlawanKarennのようなアーティストが主導してきました。

 

 

 

 

インダストリアルテクノに関連する他のアーティストには、

Cut Hands、Helena Hauff、Forward Strategy Group、Surgeon、 Michael Forshaw、Jeff MillsRegis、Dominick Fernow、Mike Banks

などなど

また英国でそのジャンルが再燃したインダストリアルテクノのレーベルPerc Trax

Perc、Truss、Ansomeなどのアーティストがあります。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

→次回へ続く

応援クリック宜しくお願いします にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Pioneer パイオニア / CDJ-2000NXS2 × DJM-900NXS2 コンプリート DJセット